シンビサプリHOME平成養生訓楽しいごはんのための「3」+「6」 平成養生訓 38

平成養生訓

人生にエッセンス、医療ジャーナリストの“丸山寛之さん”が綴る、平成養生訓を紹介いたします。

平成養生訓38イラスト

2018年7月9日

楽しいごはんのための「3」+「6」 平成養生訓 38

 夏は食中毒の季節です。

食中毒といえば「飲食店」というイメージがあるかもしれませんが、

家庭でも発生しています。

 でも、同じ物を食べても症状の出ない人がいたり、軽い腹痛

だったら夏風邪か寝冷えかと思い、食中毒とは気づかないことも

多いようです。

 食中毒を引き起こす主な病原体は「細菌」と「ウイルス」。

 細菌が好む環境は気温・湿度が高いこと。最盛期は夏です。

 一方、ウイルスは低温・乾燥が大好き。ウイルス性食中毒は冬場

に多く発生します。

 原因食品別にみると、1位が調理ずみの複合調理食品、2位が魚

介類。この二つで半分以上を占めています。あやしいと思ったら食

べるのをやめるか、火を通すなどしましょう。

 家庭での食中毒を防ぐのは、食材を選び、調理するみなさま自身です。

    三つの原則、六つのポイントで食中毒を防ぎましょう。

 三つの原則は、①つけない、②ふやさない、③やっつける、です。

 

① 細菌をつけない=調理の前後、魚・肉・卵にふれた後、外出や

トイレの後はとくに念入りに手を洗いましょう。

 箸を介しての感染を避けるため、「肉を焼く箸」と「食べる箸」を

使い分けましょう。

 

② 細菌をふやさない=魚や野菜、まな板・包丁などは、しっかりと

洗いましょう。つくった料理は室温の状態で放置せず、早めに食べましょう。

 冷蔵庫は詰め過ぎず、ドアの開け閉めも少なめにしましょう。

 

③ 細菌をやっつける=食品は中心までしっかり加熱(残り物を温める

ときも)。

 

六つのポイントは、「買い物」「家庭での保存」「下準備」「調理」

「食事」「残った食品」です。

 

① 買い物=消費期限を確認する。

肉・魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う。寄り道をしないで

すぐに帰る。

 

② 家庭での保存=冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったらすぐ

に冷蔵・冷凍庫に保存する。肉とか魚はビニール袋や容器に入れ、

他の食品に肉汁がかからないようにする。肉・魚・卵を取り扱うときは、

その前後に必ず手を洗う。

 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫はマイナス15℃以下に─。

 

③ 下準備=調理の前に石けんで手を洗う。食材を流水できれいに

洗う。生肉・魚の汁が、果物やサラダなど生で食べる物、調理のす

んだ物にかからないようにする。

 肉・魚・卵を触ったら手を洗う。包丁やまな板は肉用、魚用、野菜

用と別々にそろえて使い分けると安全。

 冷凍食品の解凍は使う分だけにして、冷凍→解凍→冷凍を繰り

返さない。使用後のふきんやタオルは熱湯で煮沸し、しっかり乾燥させる。

 使用後の調理器具は熱湯をかけて殺菌する(とくに生肉や魚を切

ったまな板、包丁)。台所用殺菌剤も効果的。

 

④ 調理=調理の前に手洗い。肉や魚は十分に加熱。(中心部を75℃で

10分以上)。

 

⑤ 食事=食べる前に石けんで手を洗う。清潔な食器を使う。つくった

料理は、長時間、室温で放置しない。

 

⑥ 残った食品=扱う前に手を洗う。清潔な容器に保存。温め直す

ときも十分に加熱。時間がたち過ぎた物、ちょっとでもあやしいと思った物は、

思い切って捨てる。

 

 

 いやぁ、なんとまあこまごまと同じことの繰り返し。

 これ、厚生労働省衛生部生活衛生課食品保健係(長い名前!)の

コメントを参照、東京都の「平成30年度食品監視指導計画」「楽しい

ごはんのための三つの約束」を座右においてまとめました。

 主婦のみなさまは、これを毎日毎食、ごく普通のルーチン・ワーク

(日常的な仕事)として、こともなげにつづけていられる。家族に安心な

美味を供するために─。

 そう思うと、いまさらながら頭が下がります。

「おれ、食べる人」の昔人間としては感謝と反省あるのみです。

 えッ、反省だけならサルでもできる? すいません。

(了)

記事一覧へ

プロフィール

お支払方法・送料 返品・交換 ご利用Q&A 定期お届け
便のご案内
ポイント
システム
代金引換、クレジットカード 商品お届け後、返品をご希望の場合はお届け日より10日以内で承ります。 お客様からよくお寄せいただくご質問とその回答を掲載しております。 自動的に決めたサイクルでお届けしていくシステムです。注文忘れがなく便利です。