シンビサプリHOMEシンビサプリ スタッフブログ 2022年03月

シンビサプリ スタッフブログ

2022年3月16日

NMNが若返りに良いといわれる理由

【NMNが若返りサプリと言われる理由】

NMNを食事やサプリメントから摂取すると
5~7分後には血中に達し、肝臓や筋肉、脳などの
主要組織へと運ばれていきます。

そしてNMNは「NAD+」という物質を
作り出し、2、3時間後には血中のNAD濃度が
約25%アップします。

そして、その「NAD+」がサーチュイン遺伝子を
活性化させるのです。

サーチュイン遺伝子を活性化というと
「レスベラトロール」という成分が有名ですが
レスベラトロールは7種類あるサーチュイン遺伝子のうち
一部だけしか活性化することができません。

しかし「NAD+」はその7種類のサーチュイン遺伝子

全部に対して活性化させる働きがあることがわかっています。

では、「NMNではなく、最初から
NAD+を摂取すれば良いのでは?」と
思われるかもしれませんね。

実はNAD+は直接、身体に取り込むことができないのです。

NMNを摂取してNAD+を生み出させるしか
NAD+を増やす方法はないのです。

だからNMNを摂らなくちゃなのです!


このようにNMNから作り出されたNAD+が
サーチュイン遺伝子を活性化させると
ミトコンドリアとテロメアを保護し始めます。

ミトコンドリアはすべての細胞内に存在する小器官で
新しい細胞を作ったり、細胞を修復する働きがあります。

そのミトコンドリアを保護することで
細胞の産生と修復のローテーションが活発になります。

次にテロメア。
テロメアとは
細胞核の中にある染色体の一部で
「命の回数券」とも呼ばれる老化や病気の
カギを握る物質で、若い頃のテロメアは長いのですが、
年齢とともに細胞分裂を繰り返し、
どんどん短くなり、最後には細胞分裂が止まり
新しい細胞が生まれなくなります。

しかし、テロメアを保護することで
細胞分裂を長い間、繰り返すことができるようになり、
細胞分裂のサイクルを維持できるようになることで
寿命が延びると考えられているのです。

何もしなければ年齢とともに細胞の産生や修復、
細胞分裂をする力がどんどん弱まってくるところ
NMNを摂取してNAD+を生み出し、
サーチュイン遺伝子を活発にさせて、
ミトコンドリアやテロメアを保護することで
細胞の修復や産生力をアップさせて行くことでき
若い頃の細胞、身体へと近づいていくことができるのです。


若くありたいとか、

キレイでいたいとか、

元気でいたいというのは

男女ともに永遠のテーマですね。


そんな私たちの救世主となって
くれるであろうNMN。

マウスを使った実験では
人間でいう60歳だったマウスが
たった1週間のNMNの服用で
20歳にまで若返ったという驚きの
報告も!

細胞レベル、遺伝子レベルでの若返りを是非、体感されてくださいね。

NMN15000+コプリーノ
https://www.cymbidium.co.jp/item/nmn10000.html





発酵食品「味噌」 手作りに挑戦!

こんにちは。

コールセンターのヒガシです。

 

先日、初めて味噌を手作りしてみました!

といっても仕込みが終わっただけで完成するのは

8か月後なのでとても待ち遠しいです。

味噌つくり4

味噌は伝統的な昔から日本にある発酵食品です。

今回は味噌が体に良いということを

せっかくなのでお伝えしたいと思います。

=========================

発酵によって栄養がアップ

===========================

大豆から作られる味噌。

タンパク質豊富な大豆は大豆のもともとの栄養以上に

発酵することで多くのアミノ酸やビタミン、ミネラル、

酵素などが生まれます。

 

主な栄養成分は以下の通りです。

・タンパク質

・イソフラボン

・レシチン

・サポニン

・メラノイジン

・リノール酸

・カルシウム

・鉄分

・アミノ酸

 

発酵することによって栄養価や風味も増していきます。

 

 

=========================

プロバイオティクスとプレバイオティクスについて

========================

◆生きた善玉菌や善玉菌を含む食品  「プロバイオティクス」 プロバイオティクスとは、
腸内環境を改善する生きた微生物そのものや それを含む食品のことを言います。 乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトや納豆菌を含む納豆、 キムチや味噌や醤油もプロバイオティクスです。 すべてが生きて腸にたどり着くわけではなく、一定期間が 過ぎると便と一緒に排出されるため継続的に摂取することが 大切です。 ◆腸内の善玉菌の増殖をサポートする
「プレバイオティクス」
プレバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌といった 腸内の善玉菌の増殖をサポートする食品です。 善玉菌のエサにはなる一方で、悪玉菌のエサとはならない 性質のあるオリゴ糖や水溶性食物繊維などが代表的なものです。 善玉菌そのものの「プロバイオティクス」と その働きを助ける「プレバイオティクス」は 同時に摂る事でさらに良い働きをします。 発酵食品である味噌は善玉菌を多く含む上に
食物繊維なども豊富でプレバイオティクスと
プロバイオティクスが同時に摂れる優秀な食材です。

体に必要なアミノ酸やビタミンなども豊富なので
塩分さえ気を付ければ腸内環境を整えるには
とても良い食材なので食べすぎないように気を付けながら
毎日とることが良いですね。

お食事だけで難しい場合はサプリメントを利用するのも手です。

★オススメサプリ★

【秘伝 梅肉黒酢ラクリア】 善玉菌である「ラクリス菌」と
善玉菌を増やす働きのあるりんごの食物繊維「アップルペクチン」
この2つの組み合わせはシンバイオティクスにとって
とても理にかなった組み合わせ! 血液サラサラと腸内環境をスッキリが同時に! https://www.cymbidium.co.jp/item/rakuria.html
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

 ちなみに私が作った味噌のつくりかたをざっくり説明すると・・・

 

味噌つくり5

大豆を15時間くらい水につけておく

(季節によってはまる一日くらいかかることも)

 

 

味噌つくり6

アクをとりながら柔らかくなるまで大豆を煮る

(小指と親指でつぶせるくらい。

私は4時間くらい煮ました。)

 

 

 

味噌つくり1

温かいうちに大豆をつぶす

 

 

味噌つくり7

米麹と塩を混ぜる(塩切りと言うそうです)

 

 

味噌つくり2

つぶした大豆と塩を混ぜた米麹とを混ぜる

 

 

味噌つくり3

丸く丸めたものを容器に投げつけて

空気がなるべく入らないようにぎゅっぎゅっと

詰めていく

 味噌つくり8

ラップをぴったりくっつけて空気が入らないようにして

周りについた味噌を丁寧にアルコールで拭いて(カビ防止)

塩を入れた袋で重しをして仕込み完了。

 味噌つくり4

 

お支払方法・送料 返品・交換 ご利用Q&A 定期お届け
便のご案内
ポイント
システム
代金引換、クレジットカード 商品お届け後、返品をご希望の場合はお届け日より10日以内で承ります。 お客様からよくお寄せいただくご質問とその回答を掲載しております。 自動的に決めたサイクルでお届けしていくシステムです。注文忘れがなく便利です。